昨日のデザインフェスタは
たくさんの芸術的刺激を受けて楽しかった!

さて今日は休みの最終日。
ジャムは文学フリマにいって参ります。

DSCN5892-.jpg
文学フリマとは!
「文学フリマ」は既成の文壇や文芸誌の枠にとらわれず
〈文学〉を発表できる「場」を提供すること、
作り手や読者が直接コミュニケートできる「場」をつくることを
目的としたイベントです。その意味するところは、
〈文学〉を閉鎖的な営為の中から解き放つことであり、
すべての人に〈文学〉の担い手となってもらうことでもあります。
自分が〈文学〉と信じるもの――自費出版の本はもちろんのこと、
ホッチキスで綴じただけのコピー誌、フロッピーディスクやCD-ROM、
果てはTシャツまで――を売るイベントです。
※一部HPより抜粋

この文学フリマでジャムの高校時代の友人が小説を書いて出展してるので、
見に行くのです。最近は仕事が忙しく
なかなかこういうイベントに出れなかったようで
出られることを喜んでいましたね。

高校でこの友人から創作の影響をかなり受けましたね。
パネルシアターの物語をいろいろ考えるきっかけもくれましたし、
いろいろ案ももらったりしています。
すごいやつなんです。

山手線で浜松町まで行き、
そこから東京モノレールに乗り換え、流通センターまで向かいます。

12時ごろ到着!
DSCN5893-.jpg
会場である東京流通センター第二展示場へ向かいます。

DSCN5894-.jpg
会場は結構賑わっていていました。出展しているところはたくさんありますね。
いろいろ見て回り小説や詩、評論等々読ませてもらいました。

DSCN5896-.jpg
さて、友人のが本を売ってるところにもいきました。
本当は手伝いのかたが来る予定でしたが、事情があってこれないとのこと。
てか、なんでドクロが置いてあんの?

そんなわけで、ジャムが代わりに手伝いしました!
どきどきですね。
友人いわく、どくろは頭にのせた方がいいとのこと。
RSCN5909.jpg
この状態、パネルシアターで蝶ネクタイしてる時と同じ気分ですね。
つまりわくわくしてるってことですよ!

お客様もたくさんいて、立ち止まって本をみてくれる方もいて嬉しいものです。
実際素通りしてしまうお客様も多いので、
いかに注目してもらうかが大事だなあと感じました。
装飾を目立つものにしたり、本の表紙が印象あるものにしたり。

DSCN5897-.jpg
さて、昼食は差し入れでいなり寿司もらったり、カレーを食べたりしました。
仕事の合間に食べれて実においしいですね!

その後も交代で店番をしたりお客様の対応していきました。
お客様も買ってくれてよかったですなあ。

そんな中、小さい子どもが友人にいろいろ話しかけてきてました。

「この本はなんですか?」「何でドクロがおいてあんの?」と、興味津々です。
友人もしっかり対応してあげてだんだん小さい子も慣れてきて
より関わってきてました(笑)
いつの間にか「バンバーン!」「シャキーン!」と、ヒーローごっこにも。
いつしかジャムも標的になっていました。
※まあ、ジャムたちは周りに迷惑かからないよう座って対応です。

とにかく元気な子で「その技は効かないよ!」「まだ隠してる武器があるんだよ!」
と、ノリノリ!友人&ジャムも「勝ち目がないな」「どうしたらいいんだ~!」と
ばっちり対応ですね。

そのあと小さい子の親御さんもきてお礼を言ってくれてお別れしました。
最後まで元気いっぱい。
なんか関わっていたら普段児童館や保育園でパネルシアター上演してるときと
おんなじ気分でした(笑)

こうして無事に文学フリマも終了!
DSCN5900-.jpg
最後は片付けしてから、友人と浜松町に行って
ぱあっと打ち上げです!
DSCN5901-.jpg
お。文化放送も見えますね!

DSCN5904-.jpg
売り上げも好調で頑張った後のビールはやっぱりおいしいね!
DSCN5906-.jpg
それから食事もおいしいですよ!
飲んで食べながら今回の文学フリマの感想や
これからの活動のこととか小さい子と遊んだことなど
話も盛り上がりましたね!
DSCN5908-.jpg
〆に食べた、あごだしラーメンもめっちゃおいしかったです!

今回改めて創作活動の楽しさに気づけましたね!
パネルシアターも物語とか展開を考えていきますからね。
共通点もあると思います。
いろいろ創造していくのは本当に楽しい!
そんなわけでお互い頑張っていきたいものです。
いい経験になりましたなあ(^○^)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://paneljam.blog.fc2.com/tb.php/761-ee6b58b8