今日は朝起きると…さ、寒い~!
こんなに冷えてるとは!冬逆戻りじゃん!

まあ今日は上演もありますし、張り切っていきましょう!と、その前に。

今日は職場の荷物整理もしなくちゃね!自転車乗って50分くらいで到着!
良い運動になるし桜も綺麗でよかった。
DSCN1091.jpg
整理するほど色々出てきて、気分は宝探しだね(思い出の価値はあるよ!)。

職場から帰って腹ごしらえ!マックのテリタマ!
DSCN1092.jpg
玉子がプルンとしていてテリヤキとよく合いますね!
お腹も満足で上演行きます!

☆三原台児童館上演
演目「みんなの楽しいなあ」「レッツ・ゴーゴーパイレーツ!」
時間40分 観客数15人
DSCN1103.jpg
さあ始まりました!最初はだらーんとリラックス気味のお客様、
ちょっとふざけてたりもありましたが、話が進むにつれて
視線がパネルシアターに吸い寄せられるのがやっててよくわかりました。
「パイレーツ」は 真剣そのもので観てました。
でも問いかけにもしっかり答えたり、笑ったり呪文を言ったり、
みんな元気に観てくれたのでよかった、楽しかった!

上演後は職員の方からお菓子ももらいホッと一息。甘いものが美味しくて美味しくて!

そして今夜は仏子に行きます。
DSCN1110.jpg
先月ドラマフェスタin入間でお世話になった方からのお知らせで
映画の上映会が仏子であるとのこと。

作品は昨年の文化庁の文化記録映画部門の大賞を受賞した
ドキュメンタリー作品「隣る人」
親と暮らせない子どもたちと、隣り合う保育士たち。
そして、子どもたちと再び暮らすことを願う親。
ある埼玉県内の児童養護施設の生活に8年間、カメラが密着。
養護施設で暮らす子どもたちと大人の関わり、
さりげないけれども大切な日常生活を紡ぎながら、
信頼関係を築いていく映像作品です。
家族とは、親とは、人と人とのつながりとは何かを静かに問いかけていきます。

とても心温まる作品でした。
心をかけて育てていくことについて考える機会となりました。

帰り道も余韻に浸りながらゆっくり帰りました…が!

なんと西武池袋線人身事故!
止まってしまいましたまあこういうときはあわてても仕方ないので、
上演メモしたり、今日の映画の感想書いたり、
寒いからおでん食べたりしました。体ほっかほか!

なんとか時間は有意義に使えたと思います。よかったよかった!

3月は10回上演出来ました!今年入ってからの上演回数は38回!
やったね!この調子でお客様も演じ手も楽しめるよう頑張りたいですね!
ジャムファイト(´▽`)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://paneljam.blog.fc2.com/tb.php/529-cb857451