♪第30回池袋いけいけ人形劇まつりin大塚
いけいけ30回チラシ
都内唯一のオープン参加形式のフェスティバルで、
家族そろって楽しめる人形劇のおまつり。
毎回、テーマに沿った名前が各会場につけられた
「人形劇のテーマパーク」!
チケットがわりの「ふくろうバッジ」で、
上演会場すべてを見てまわることが可能な、
「一日中、人形劇を楽しめる」イベントです。
大塚駅最寄りの南大塚地域文化創造館でやります!
DSCN8943.jpg 
昨年の様子その5!
パネルジャムが昨年上演した作品
「改造探偵ミッケ」。ダイカイゾー!って
みんなで叫びましたね。
今回の作品ももちろん全力、ぜひぜひお越しください!

4/15(土)
さあさあ、本日もパネルシアター頑張りますよ!
仕事もあってパネルシアターやって疲れない?
って言われたりしますけど、
そんなことありませんね。
だって好きなことやってるんですから♪
楽しいことやることは人生の潤いです。

DSCN8452_20170415234259958.jpg
朝は世田谷区で上演。保育園の保護者会で、保護者の前で
上演します。
DSCN8453_20170415234301f09.jpg
子どもたちにこういうことやってますよ~、という紹介で
ゲスト出演ですね。

☆ココファン・ナーサリー等々力上演
演目「こいのぼり」
時間10分 観客数80人くらい
DSCN8465_201704152343024b0.jpg
全員大人ですので、通常の上演だけでなく、
子どもたちにこういうふうにやること、
どういう反応が来るかなどを伝えながら上演。
もちろん説明ばかりになるのもよろしくないので、
みんなで思いきり体も動かしましたよ!
みなさんたくさん盛り上がってくれてうれしかった!

世田谷区から練馬区へ戻ります!

☆石神井児童館上演
演目「わらってないておこったり」「こいのぼり」
時間15分 観客数15人くらい
DSCN8480_20170415234304432.jpg
次の上演先では子どもたちや、親子で来たお客様の前で
上演頑張りましたよ!
小学生たちもどんどん盛り上がるし、
見事にこいのぼり体操やってくれましたね。
この体操、みんな思いきりやってくれて嬉しいです。
小学生はスピードアップとか大好きですね。

☆東大泉児童館上演
演目「こいのぼり」「円形戦隊マルレンジャー」
時間15分 観客数10人くらい
DSCN8490.jpg
次の上演先、子どもたち「保育園で観たことある!」って
ジャムのこと覚えてくれてます!
いやあ、嬉しいですね。印象に残ってるんですね。
マルレンジャーも久々にやりましたが、
やっぱり元気に上演できる作品なので、
みんなすぐにノリノリでしたよ。

☆三原台児童館上演
演目「こいのぼり」「円形戦隊マルレンジャー」
時間15分 観客数25人くらい
DSCN8512.jpg
さあ、ここでの上演はジャムの声聞いて
どんどんお客様が入ってきてくれましたよ。
こいのぼり体操もわいわいやって、
ジャムの動きに笑ってます(笑)みんなの動きも面白いよ♪
歌ったり、踊って、やりとりもしてで、
賑やかな上演になりました。

ここで休憩入ります!頑張るとお腹すくよね~!
DSCN8515.jpg
今回は刺身定食食べました。
お刺身だけでなく、納豆や卵
もついていて、これで800円以内です!
もちろん美味しいのですから、最高です。
追加でから揚げも食べちゃいましたよ。

しっかり食べたら本日ラスト上演!

☆大泉第三小学校学童クラブ上演
演目「こいのぼり」「円形戦隊マルレンジャー」
「まほうつかいクッキーくん」
時間25分 観客数10人くらい
DSCN8527.jpg
ここでも3年前に保育園で観たことあるって子がいて
わいわい盛り上がりました。マルレンジャーも必ず笑ってくれますね。
お約束な部分で反応いっぱい来るので嬉しすぎ♪
おまけでお菓子の家も作りました。
DSCN8532.jpg
それぞれ思い思いにペタペタ貼って、すてきに完成だ!

今日も一日全力でした!
やっぱりパネルシアターが楽しいことは事実!
達成感大きいし、返ってくるものもたくさん!
こんなに楽しいこと見つけられたかと、嬉しく思うし
これからも全力で続けたいですよ。
歌って踊ってやりとりもして、
本当に体も心も動きまくりでした。

DSCN8524_20170415234310774.jpg
本日も上演観ていただいたお客様、
協力していただいた職員の皆様、
ありがとうございました!!


さてさて、池袋いけいけ人形劇まつりまで、
残り2週間とちょっと!
DSCN8533_201704152342588f8.jpg
新作「ムシサイバン」の練習も中盤に入りました。
今回はみんなで声出し盛り上げるところも追加しましたよ。
きっと会場に響き渡るすてきな声。
そうなるように作品をどんどん磨いていきたいと思います。
スポンサーサイト